mato / マト


PAKERIのマトは、庭屋敷町に暮らすマトリョーシカの娘さんたちをデザインした人形です。ロシア風のスカーフ、プラトークをまとった娘さんたちは、真っ赤な林檎ほっぺに丸い瞳をもった、季節の精霊のような存在です。

どのマトリョーシカの娘さんたちにも、小さな“物語”があります。その物語は庭屋敷町ではじまりますが、その終わりは果てしがありません。つまり、永遠に続くのです。暮らしの中で、積み重ねていく年月と共に。